ダイエットを諦めない為の薬

ダイエットすると血糖値はどう変わるのか?

無理なダイエットをすると、急激な体重の減少や血糖値が不安定に変化するなどの減少が引き起こされます。
食べ過ぎを抑制することは大切なことですが、あまりにもやり過ぎなダイエットをしては体が変化に敏感になります。
エネルギー不足が実感できるレベルで現れてしまい、本来の自然治癒力を維持することも難しくなります。
よって病気に対しても弱くなることが考えられます。

糖質制限ダイエットが近年話題になっており、効果があると言われています。
しかし極端に糖質を制限することは主食の存在が欠落してしまい、栄養が乏しい食事が中心になってしまいます。
その影響で血糖値の急激な低下を招き、結果として低血糖の症状を引き起こす可能性があります。
低血糖も高血糖と同様に悪影響が現れます。
低血糖の症状として挙げられるのが以下の症状です。

  • 発汗
  • 動悸
  • 手や指の震え
  • 集中困難
  • 脱力感
  • 眠気
  • 眩暈
  • けいれん

そのため、本来は規則正しい食事によって解決するべきです。

ダイエットの生活には規則正しいリズムがあれば、血糖値が常に安定するようになります。
よって体全体の健康増進のためになると言えます。
焦って短期間に痩せようとは考えずに、数か月の期間を持ってダイエットに取り組めば緩やかな変化になります。

過度なダイエットをする場合には、変に完璧を目指そうとしてしまいます。
例えば普段間食をしている人が途端に間食を摂らなくなったりします。
普段やっていることを我慢するということは、我慢をするということです。
そうすると欲求不満状態になってしまい、どこかで欲求が爆発してしまう可能性があります。
適度な間食は血糖値の急激な低下を防ぐので、ダイエットをする上で継続力も込みで必要なことです。

ダイエットによる血糖値の変化は食事に関する生活習慣の結果と言えるものです。
基本に忠実であれば問題なく痩せることが可能です。
ダイエット中でも最低限の糖質を摂取するために、主食と副菜のバランスに配慮して充実した食習慣を身に着けることが重要です。

あわせて読みたい記事