ダイエットを諦めない為の薬

太らない為の身体作りをしよう!

ダイエットして肥満の解消に成功したら、次に必要なことは太りにくい体を作る事です。
太りやすさ、詰まるところ身体への脂肪の付きやすさは人によって差があります。
それでも肥満の仕組みを考えれば、太りにくい体を作ることは十分可能なはずです。

太りにくい体を作るにはどうすれば良いかを考えた時に、まず浮かぶのがどうして脂肪が付くのかという事です。
ヒトの身体についた脂肪は運動した時のエネルギー源として使用されることになります。
脂肪が付くというのは、それだけエネルギーが身体で余ってしまっていることが原因の一つとして挙げられます。
なので、単純な理屈としてはエネルギー消費が多い身体を作れば良いという事です。

筋肉は普段から多くのエネルギーを必要とするので、筋力トレーニングを行って身体の筋肉量を増やすことが効果的だと考えられます。
しかし、筋肉は脂肪より重たいのでダイエットとしてはどうなのかという疑問が出てきます。
ほとんどの人の場合、脂肪を燃焼しやすい身体にして余分な脂肪を筋肉に変えた方が体重が軽くなります。
また、代謝量が増えれば安定した体重を保つことが可能です。

筋力トレーニングと併せて取り組みたいのが、ジョギングや水泳などの有酸素運動です。
有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果があることは有名ですが、何よりストレス発散にとても効果的です。
ストレスが溜まると、その発散の為に食べ過ぎが発生する可能性があります。
なので、日常的にストレスを発散させることは太りにくい身体作りにも効果的だと言えます。
あとは、栄養のバランスの取れた食生活を心掛けていれば、自然と太りにくい身体が出来上がります。
肥満を解消したあとは、このような生活習慣の改善に取り組むようにしましょう。

あわせて読みたい記事