ダイエットを諦めない為の薬

肥満と高血圧の関係とは?

肥満とは身体に脂肪が多くついている状態のことを指します。
肥満になると様々な弊害が出てきてしまい、その中の一つが高血圧になります。

必ずしも肥満の人が高血圧になるわけではありません。
標準体重に対して2倍から3倍は高血圧の発症率が高くなると言われています。
高血圧の原因は様々あります。

  • 血液量が増加して心臓から血液を送り出すときに大きな圧力が必要
  • 食べ過ぎることによって食塩の摂取量が増える
  • 交感神経機能が昂ることによって血管が縮小する
  • インスリンに対して抵抗力が高まり、糖代謝が正常に行われない

これらによって血圧が上昇すると考えられています。

肥満の人は血液中に脂質が多く含まれており、血液の流れがスムーズに行かないとされています。
そのため脂肪に圧迫された細い血管を通る時に血液を押し出す際に心臓に負担がかかってしまいます。
遺伝的な高血圧もあり、その人が肥満になると大半が高血圧になるとされています。
その場合でも痩せることによって高血圧を改善することができます。
太っていることが原因の高血圧を薬で治療する場合は、降圧薬の効き目が薄いとされています。
なので、まずは運動などで痩せるところから始める必要があります。

肥満は高血圧だけではなく、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病も発症する可能性があります また、メタボリックシンドロームによって動脈硬化や脳梗塞、更に狭心症などのリスクも高めてしまいます。
この様な病気にかからないためにも、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を日常に取り入れる必要があります。
食事にも気を使って適度にバランスよく食べることが大切です。

あわせて読みたい記事